「乙女のつぶやき」

  〜 下町レトロの手ごわい乙女たち's 〜
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ままちゃりでランデブー♪ | main | レ・ト・ロ語録 〜ぴっぴ's祖父編〜 >>

下町思い出トランプ −最悪編−

         「負けないぞ」

”絵全体が高らかに哄笑し、誇り高く炸裂している。”

岡本敏子さんはこの太郎さんが残した壁画についてそう語っています。
下町レトロの乙女たち'sは太郎さんの「太陽の塔」が大好き!
その縁もあって、この壁画の修復基金に使われる「TARO money」を皆で購入しました★



http://www.1101.com/asunoshinwa/asunoshinwa.html

この巨大壁画、『明日の神話』は原爆の炸裂する瞬間を岡本太郎さんが描いたもの。
あの太陽の塔と同時期に太郎さんがメキシコで製作したものです。
その後行方不明になり、この度メキシコで発見されたものを日本で修復し
先日無事完成したのだそうです。

太陽の塔のてっぺんにくっついてる可愛いお顔も、原爆を意識したのだと聞きました。
太郎さんはどうしてそんなに原爆にこだわるのでしょうか。。。



原爆が爆裂する瞬間、「地獄」
この瞬間に壁画の中心で燃え上がる骸骨。
この骸骨、原爆の熱風で燃えているのではありません。

「力強い人間の誇り」で燃えています。
この一番最悪な状況で、敢えて、「こんなことでは負けないぞ」と。

原爆は肉体を破壊することは出来ても、人間の尊厳や誇り、魂まで燃やす事は出来なかった。
太郎さんの優しさかな、この絵は。つくづくそう思います。
優しい人は強い人。強い人でないと、本当に優しい人にはなれない。

「悲しみと苦痛が、自分という大地を耕してくれる。そこから『人を幸福にしたい』という
美しい心の花が咲くのである。」・・・私の人生の師匠の言葉。

太郎さんの著作を読むにつれ、見えない所での彼の苦労や葛藤が見えてきました。
そういう思いを経験し、強くなる中で、他者への深い愛情が溢れ出したのかな。。。



    お茶目な太郎さんの図



そして愛する「太陽の塔」の図(人気者だね〜☆)

向田邦子の「思い出トランプ」。この題名の響きが大好き☆
自分の中の思い出トランプをシャッフルしてみる。

数々ある最悪な思い出。その中でもとっておきの一枚*
この最悪な時に打った手が今日の自分を形成してくれている不思議さよ。
あの時があったおかげで、今の下町の魅力に気付くことができました♪

「自分が精神的にマイナスの面をしょいこむ時こそ、自他に挑むんだ。
ダメだ、とおもったら、じゃあやってやろう、というのがぼくの主義。」

「自分の中に毒を持て」の中での太郎さんのさらりとした一言。

最悪の時に次の勝利の因をつくる。

Be TARO 〜太郎になる〜 
太郎さんとmy師匠に「なかなかだなぁ、君」と言ってもらえる乙女になれるかな? 
人知れぬ闘いは続きそうです・・・◎
- | permalink | comments(1) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

TAROマネー もう少しで届くので
もう少々お待ちあれ〜〜♪
リエ写真部員 | 2006/06/20 6:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/10/05 1:01 PM
*乙女のつぶやき*
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
*下町レトロ地図*

 
神戸の兵庫区・長田区のレトロたちをつめこんだ「下町レトロ地図」作りました。詳しくは下町レトロのHPまでドウゾ。
*CALENDAR*
*MOBILE*
qrcode
SPONSORED LINKS